血糖値対策をしたい!見つけた方法はコーヒーでした

コーヒー トクホ 血糖値 成分

 

私は血糖値の検査結果を見て少し血糖値に関して気になっていました。やはり歳を重ねるとどうしても体について心配になりますよね。

 

なので血糖値について調べてみると、高血糖が長い時間続くと様々な合併症を引き起こす原因になると知ってからこれは早いうちに対策しなくてはと思ったのです!

 

まだ一家の大黒柱で子供は成人していないし、もし血糖値がきっかけで大病を招く結果になったら大変なので対策法を調べたのです。

 

そんな中で見つけたのがトクホ(特定保健用食品)認可のコーヒーでした。血糖値対策としてコーヒーを選んだ理由としては、大好きなコーヒーを飲むだけなので面倒くさがりな私でも継続できるからです。

 

やはり無理なく継続できる事が一番重要ですからね。フィットライフコーヒーというコーヒーなんですがほぼ毎日継続が出来ています。

 

⇒フィットライフコーヒーについて今すぐ知りたい方はこちら

 

フィットライフコーヒー

コーヒー トクホ フィットライフコーヒー

 

まずフィットライフコーヒーなんですが味がまろやかなんです。私はコーヒーは普段から飲んでいたので結構味にはうるさいタイプなんですが美味しく飲みやすくて満足しています。食後にはぴったりでした。

 

飲み始めてからお通じも良くなった感じもしてます。

 

なので私の妻も飲んでみたいといって一度飲んだらとても気に入って毎日2人で飲んでいます(笑)

 

2人で飲むと金額の負担が大きくなるのでは?と感じますがフィットライフコーヒーは初回2カ月分は1杯につき52円くらいなので値段は気にせずに飲む事が出来ます。

 

2回目からでも1杯につき78円くらいととてもお手頃なので負担が少なく継続出来る値段で、しかも送料無料なので助かっています。

 

年齢を重ねても健康な体を保ちたい!という気持ちがフィットライフコーヒーを購入してからはより意識するようになりました。

 

これからも食事も楽しみつつ健康的な毎日を目指して、家族全員で楽しみながら生活出来たらなと思っています!

 

⇒フィットライフコーヒーの詳細はこちら

 

 

 

 

トクホ認定の血糖値対策成分、難消化性デキストリンについて

 

フィットライフコーヒーに含まれているトクホ認定成分、難消化性デキストリンなどについて調べてみたので興味があれば確認してみて下さい。

 

トクホ(特定保健用食品)とは?

 

まずトクホ(特定保健用食品)について定義をおさえておきましょう。
以下のように定義されています。

 

健康食品のうち、安全性と有効性について個別に国の審査を受けて、健康への効果の表示が認められた「特定保健用食品」の略称。

 

引用元:コトバンク

 

国の審査を受けて、効果が認められたと記載があることからも信頼性の高いコーヒーであると言う事が出来ますね。

 

難消化性デキストリンとは?

 

本題である難消化性デキストリンについて調べてみると以下のような定義がされていました。

 

加熱処理したでんぷんをアミラーゼで加水分解し、未分解物より得られる水溶性食物繊維。食物繊維による整腸効果のほか、ミネラルの吸収を阻害せず、糖の吸収をおだやかにする血糖調節効果があるとされ、特定保健用食品の素材として用いられる。難消化デキストリン。

 

引用元:コトバンク

 

糖の吸収をおだやかにする血糖調節効果があるとされており、血糖値対策のサポート役としては活用することが出来る成分と言えるでしょう。

 

⇒フィットライフコーヒーの詳細はこちら